[夜間]電気通信大学AO入試を振り返る

電気通信大学 先端工学基礎課程 平成28年度AO入試を突破しました。

自分について

現役時に大学受験を失敗。職業訓練校に入校するも大学進学を希望していた為、2週間で退校。AO入試までコンビニで月100時間程度バイトしながら受験勉強をしていました。予備校には行ってません。バイト代から参考書や受験料及び宿代等を捻出。

志望理由

浪人して、志望大学を全く考えていないまま9月になった。当時お世話になっていた家庭教師から「真面目にやれ」ということで、学費面と東京で生活したいという理由から電通大夜間の受験を決意。

やったこと

数学 青チャートIAIIB(難易度3までを解いた)

物理 良問の風(*問題、原子分野以外を解いた)

英語 システム英単語 センター試験過去問 速読英単語必修編 文法は受験サプリで補った

過去問、必ずやりましょう。生協で購入することができます。因みに僕は京都から夜行バスで直接買いに行き、募集要項も貰いましたがそんなことしなくていいです。取り寄せられます。

調査書及び志願者評価書の作成

高校3年時にお世話になった担任にお願いしました。大阪電気通信大学を受験すると担任が勘違いしていたため、電気通信大学を受けると言っても、自分の実力では厳しいだろうと言われていました。実際その程度の学力だったので。

志望理由書

時間がかかりました。

入試

一日目:筆記試験

数学(指数関数と対数関数、微分、数列)

理科 物理(主に小問、力学、電磁気。もちろん熱と波動も対策しておく)

化学(化学反応と熱、結晶格子等の理論化学)

理科全体のうち物理が7割、化学が3割程度だったかな

英語(長文)

すべてが一冊にまとまった問題を渡され120分で解く。難易度は昼より優しい。

二日目:面接

面接の前に簡単な算数テスト。分数の足し算等本当に簡単な問題なので全問正解を目指したいところ。

集団面接

5人程度で横一列に座る。面接官は3人程度

質問内容

志望理由、なぜ夜間なのか、将来の夢、入学後やりたいこと、最近見たニュース

予想していたより随分軽め

個人面接

今年一年何をしていたのか、なぜ職業訓練校を退校したのか(自分オリジナルの質問)、なぜ夜間なのか(集団でもあった)、数学は好きか、東京で頼れる人はいるのか、東京で具体的なバイト先を考えているのか、本当に一人で生活していけるのか(精神面、経済面)等

こっちが面接本番なのだろうかというぐらい質問をされました。因みに面接での「志望理由」や「なんで夜間」という質問において自分以外全員が「学費面の点から~~」といったことを発言。面接官は途中からかなり飽きている表情を見せていました。合格した人から個人面接の内容を聞いてみたりもしましたが、受験時の自分の状況(現役、浪人生、社会人)によって質問内容は変わっている(当たり前)のであまり参考にならないかも。個人面接ですから。

口頭試問

募集要項にははっきりと記載されていましたがありませんでした。今まではしっかりとあったはずなので、これからどうなるのかが不明。

入試を振り返って

なんで合格したのか未だに分かりません。筆記試験全体で半分もないと思っています。化学に関してはゼロ点なので。因みに個人面接時に待機している間、前の受験者の方の声が聞こえました。「数学は好きですか?」という質問に対して「い、いやぁ数学は、うーんあんまりですね。」と答えていました。一日目の筆記で失敗しても前向きな発言はしたいですね。また、筆記試験ですが自分が受けた時から難化傾向になったなとハッキリ感じました。一日目筆記試験を終えて絶対受からないから京都に帰ろうと考えていました。実際二日目の面接で来ていない人が数人いました。面接大事。

入学して

本当に様々な人がいます。自分含め一浪、社会人、現役で入学した人。

7月1日(土)にオープンキャンパスがあります。

2017年度 第1回目 先端工学基礎課程オープンキャンパス

最後に

参考になれば幸いですが、随分昔のことなので幾度忘れてます。すいません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です